この前「やよいの青色申告オンライン」で作成した確定申告書を今日は印刷しました。
印刷をしたら、あとは出すだけです。

 

 


 

郵送で済むのなら郵送で

 

税務署も車で15分とかからないので、車で税務署に持って行けばいいやと安易に思っていました。
昔、介護事業所とかの提出書類とか、郵送で済むものも、市や県に持って行ったりしていました。

 

相手の顔を見て、渡すとほっとするというか、そんな感覚です。

 

でも、郵送に済むものは郵送でいいのです。

 

新型コロナ感染対策のこともあり、eータックスのお勧めだとは思います。
田舎の市なんで、そんなに密にはなりはしないでしょうが。

 

なんとなく、税務署に持って行くというのを、理性でぐっとこらえて、郵送することにしました。
行きの郵便代と控えの返送の郵便代で360円かかります。
ガソリン代と手間を考えると、どっちが安くて手間なのか、どっこいどっこいです。

 

おっと添付書類を忘れるところだった。

 

自分が提出書類は、

 

1.確定申告書B

 

2.青色申告書決算書です。

 

昨年は、自分が住んでいた中古住宅を売ったので、不動産の譲与所得の内訳書も提出しないといけなくて、大変でした。
結局は不動産の譲与所得も、経費をひくと、税務上は大赤字でした。
それでも、提出しないといけないんだろうかと疑問が出てきて、税務署の職員に申告会場でたずねたら、提出しないといけないと言われ、書類を添付しました。

 

さて、今年ですが、添付書類をつけないで良かっただろうかと、念のため国税庁のホームページを見たら、身分証明のコピー(自分はマイナンバーカード)やら、健康保険料の領収証や生命保険料の証明ハガキを貼付することを忘れていました。おっとっと。

 

3.添付書類が要りました。

 

職場では年末調整をやってもらってないので、これをしないといけません。
ただ、これを提出したところで、収入がそもそもないので、源泉徴収された額が少なく、なんの影響も<自分の場合>ありません。

 

 

歩いて郵便局に出しに行く

 

返信用封筒の宛名を書いて、税務署あての封筒を持って、郵便局に歩いて行きます。
重さがわからないので、郵便局員さんに計ってもらいました。
切手を貼って、出しました。これで、ことしの税金の確定申告は終わりです。
来年こそは、本業で収入がでるように祈ります。

 

 

歩いたついでに、散歩して、セブンイレブンまで行きます。
確定申告を終えた ごほうびにシュークリームを買いました。

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加