会場と時期によっては、ファイザー社のワクチンがうちの市ではできます。
4月にすぎてからの予約と、一会場しか、やっていませんので、たくさんあるわけではないようです。
混合接種の方が抗体値が高いと、テレビで宣伝していますが、ファイザー社のワクチンを予約しました。

 

 

自分は賛成派でも反対派でもない。

 

自分の立場から言いますと、できれば、できれば打ちたくはないです。
こういうと、「強制されるものでもないし、だったら、打たなければいいじゃないの!」とか、「あんたなんでもイチャモンつけて結局打つんだ─。」とか。説教されてイヤーな思いをします。

 

"ワクチンの安全性は、『科学的に』証明されています。"
にあえて「科学」をつけて物事を主張する人を、医学者でも政治家でも信用していません。

 

多くはないですけれど、ワクチンを打って亡くなった人がいます。
打った直後に亡くなった方は、政府が認める数として、1500人ぐらいるらしい。(2021年10月3日時点では、1255件)

 

直後でなくなった人がそれぐらいなので、時間が経って死んだ人はもっといる可能性もあります。
でも、亡くなった理由は、ワクチンを打ったせいかどうかわからない、因果関係は証明されないとされてしまうと「はあ?」と思ってしまいます。
因果関係は証明されなくても、打ったから亡くなったのでしょう。

 

せめて、どういう人が、死に至るのか、重篤な副作用が残るのかぐらいは、公表してもらうと助かります。

 

ほとんど交友関係のない私ですが、それでも、2人 ワクチンはもう打たない方が良いとドクターに言われた人がいます。
年とった人が重症にならんように・・・ということで切り札がない状況でワクチン接種が始まったのは理解できます。(子ども達にも打たせるというのは意味がわかりません。重症化したという話をあまり聞かないから。)

 

しかし、自分も打ったら何が起こるかわからないと、初めて売った時は恐怖でした。

 

その時は、ワクチンの選択の余地もなく、ファイザー社製でした。 
けれど、副反応さえ自分の場合おこりませんでした。

 

過剰なコロナ対策

 

自分の場合、今、介護職になってからというもの、①飲食店は行かない②スポーツ施設へは行かない③知人には会わないことにしています。
散髪も3ヶ月自粛していました。

 

職場で禁止されているのは、スナックに行くこと、他県の方との接触ぐらいですが、知人でも家に行くことをもう喜ばない人も多くそうなってしまいました。

 

感染が怖いというよりも、ひとたび感染者がでてしまうと、次々に濃厚接触者に認定されて1週間は仕事できないようになるのが、怖いから、
そうしているのに過ぎません。

 

うちの県は、田舎なので、全国最下位の感染率(正しくはPCR陽性者数の率だと思うが)で、「そこまで過剰に対策するのは可笑しい」と笑われてしまいそうですが、極度の自粛をしています。

 

早くコロナ渦を終えてほしい。

 

「終わってほしい」ではなくて、終えてほしいです。
政策判断で、変えてほしいです。

 

市中の病院で、新型コロナの早期治療ができるような体制に変えてほしいです。
風邪みたいだけど、新型コロナかもしれないから、病院には行ってはいけないという世の中を早くやめにしてほしいです。

 

「クラスターが病院で起きるでしょう・・そんなこともわからないの?」
そんなことぐらいわかっています。軽症者ばかりなのに、なぜにずっと過剰な対策をとる必要があるのかわかりません。

 

重症化しないように、年とっている自分は、ワクチンをうつだけです。
将来どんな影響が体にでてくるか、わかりませんが、人生の大半終わっています。

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加