あれから、フローリングの板は、踏んで音をする所は全部無くなりました。
完全に水が抜けたようです。一安心です。

 

さて、冬タイヤをノーマルタイヤに交換することに、今年は、重い腰を上げるのが例年より早いようです。
再就職も心理的な要因のひとつだろうと思いますが、3月中にやってしまいました。

 

 

自分でタイヤ交換するこだわり

 

ひとつに、タイヤ交換をガソリンスタンドに頼むと1個1,500円以上取られるので、自分でやった方が安上がりだから。
それに、一番しんどいのは、タイヤを交換する事ではなく、倉庫からタイヤを積みだして、車に載せるのがしんどいので、タイヤ交換そのものはしんどくありません。

 

でも、めんどくさいのは変わりないので、ゲーム感覚で、短時間でできるように時間を測ります。
概ね、タイヤ交換そのものは30分ぐらいが目標です。

 

ジャッキの当て所また間違える。

 

タイヤはホール付きです。
かなり重いけど、片手で持ち上げるぐらい自分は腕力強いです。
これが、あとで問題になるのですが・・・。

 

もうこの車、10年以上乗っています。
両側面、車庫入れでこすれて傷ついていましたが、昨年の12月、後から追突されて、ぐちゃぐちゃになり、おかげで、後のボデイは全部交換になったので、きれいになりました。

 

ジャッキの当て所も慣れているはずですが、また、うっかり、サイドバンパーの接続する面にジャッキで押さえてしまって、「バキッ」、サイドバンパーがはずれてしまいました。あらら。

 

なんとか、はめ直しました。
前にも1度やってしまったのにまたやってしまいました。はあ。

 

タイヤを倉庫に戻す時、グキッ

 

 

サイドバンパーがはずれてしまった以外は、順調にタイヤ交換が進みました。
全部で50分ぐらいかかりました。

 

倉庫に冬タイヤを積み上げる時に、「グキッ」とおしりの筋肉のつけねに痛みが来ました。
いかん。
不用意でした。

 

片手でひょいひょいタイヤを運ぶものではなかったです。
両手で持って、抱きかかえるように慎重にタイヤを積み上げるべきでした。

 

でも、痛みがすぐ出てきたのが、不幸中の幸い。
それから、念入りにアイシングやシップをして、翌日の仕事に、差しさわりのないレベルまで持ち直しました。
翌朝 激痛がでたら、仕事に出かけられません。

 

1月から、新型コロナ自粛で、スポーツ訓練施設へ行くのも自粛しているので、
せめて、体を痛める動作には慎重にならないといけません。

 

< 前の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加