パートの職員も個人目標を考えないといけないのか

 

自分は11月ぐらいまでの、1年契約の職員です。
仕事がなければ、15万円ぐらいのパートなのです。

 

職員は、年度始めの恒例行事、
個人の「業務目標」「能力開発目標」をたてて、達成方法や工程表をつくるという作業をしないとなりません。

 

インターネットで検索するとそういうマニュアルめいたものが出て来るので、
福祉人材センターか、社会福祉協議会なんかの、業務管理の講習会で学んできたものかもしれない。

 

こういうのは、えてして、「絵に描いたモチ」になりがちなので、
目標が具体的で、ウソ偽りないもの(腹の底ではやらなくてもいいと思っていればダメ)でないと、意味がないと思います。

 

さて、11月ぐらいで辞めるであろう、パート労働が中心の自分ですが、そういう目標をたてないといけないのか疑問に思い、
役員に聞いてみましたが、「書いてください。」とのことです・・・・。

 

業務目標はともかく、能力開発は?
もうこれ以上、資格をとっても意味ないし、キャリアアップ(世の中には横文字が多いナア)する必要もありません。

 

うーん。
悩むと、紙を放置してしまいがちです。ついに締め切りが明日になりました。

 

自分の業務内容は・・・

 

ホームヘルパーと言いながら、
仕事の穴があったら何でもするということなので、業務がヘルパーもだけど、

 

だれもする人がいないので、利用者さんのIT担当みたいになし崩しになってしまいました。
利用者さんも、スマホやパソコンを使っており、ブログ書いたりTwitterしているので、サポートする人材が必要になります。

 

お役所さんだったら、利用者さんが業者にお金払ってもらえと言うと思いますが、
IT社会になると、その都度、業者さんにお金払ってやっておもらえる業者を探すだけでもたいへんです。
マニュアルを作って他のヘルパーさんも操作できるようにしたり、そういうことが中心です。

 

あと、介護請求業務ですが、
請求してもいい介護としていけない介護のルールが、規則に膨大にあって、詳しい人が辞めてしまったので、
即戦力としてやっているのに過ぎません。
おそらく、これもマニュアルを構築すれば、事務員を雇って、自分は駆逐されるでしょう。

 

肝心のヘルパー業務ですが、
いま、介護方法を、改めて、覚えてこなす段階です。
もともとしてたといえ、事業所でマニュアルを変えているので、新たなルールを覚えるのが大変です。

 

しかし、腹をたてないことが、一番の具体的目標かも

 

建前だけ書いてもしょうがないと思うんです。
一番の能力開発目標は、『小さなことで腹を立てない』ことかもしれません。

 

この前、ミーティングに出た時、びっくりしたのは、
大した経験もないのに、主張する人たちが多いことです。

 

それも、「そんなんできんで当たり前でしょ、上が、方策を出すべきでしょ。」
な意見で、提案はいっさいないし、単なる文句たれです。
その割には、自分にたいして、「あれがやってない。」などの批判が多いことに腹立ちます。
そういう人に限って、自分はマニュアルを守っていない。

 

人の上にマウントとることばかりに、一生懸命で、
利用者さんに良い支援ができるとは思いません。

 

腹立てても健康にもよくないので、
役員や責任者に文書で提案していきます。

 

< 前の記事 > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加