夕べは、『家政夫のミタゾノ』を観ている途中で眠ってしまったようです。
ぱっと目が覚めたのは、深夜の3時ごろ。
通販番組がテレビで流れていました。

 

テレビと電灯を消しましたが、なかなか眠れない。
それから、仕事のことで頭がぐるぐる寝つけなくなってしまいました。

 

 

連休はずっと仕事だった。

 

ゴールデンウィークとは私は全く関係ありません。
3日から6日まで、事務所で介護の請求事務のことをやっていました。

 

単純な事務の仕事でもないです。
最近辞めた役員がやっていたのを、いま自分に仕事を振られています。

 

事務の仕事をしてブツブツ思いますが、
なんで厚生労働省は小さな決りをたくさん作るんだろうか?

 

こういう場合と、こういう資格の場合は請求できません・・・みたいな
小さなルールが膨大にあります。

 

たとえばお風呂の介護は二人で請求ができても、
そのほか二人の介護が必要な時も、
それは請求できなかったりします。
病院の付き添いが必要であっても、
診察や加療(注射とか、訓練)の時は、請求できないルールがあります。

 

小さなルールがわからないと、
請求もできません。
しまいに介護の請求事務も、また専門職を造り出して、
専門職にしか請求事務をできんようにするみたいに、言いだすんじゃないか?

 

疲労が・・・でも、頭の中のわだかまりが。

 

3日間連続で、事務の仕事をして、それが終わったので、
なにかストレス解消をしてと思っていましたが、つい眠ってしまいました。

 

3時頃目覚めて、仕事のことでぐるぐる頭が回って・・・・。
仕事終わって、職場の人の悩みを聞いていて、帰りが遅くなりました。
職場の同僚があれこれ言う言葉が、自分の頭の中に残ってしまい、
考えなくてもいいことを考えていました。

 

というか、
パートのじいさんが考えなくてもいいことなのかもしれないが、
パートのじいさんに命令を出す役員体制が
そもそも不安定なので、自分も考えたり物を言うべきなのかもしれない。

 

言ったところで、役員に自分の意見が採用されないかもしれない。
自分はパートのじいさんという立場性などにピリピリこだわっていたが、
周りの人達は、そこまでほとんど気にしていない様子です。

 

「パートのじじいが何を言う!」
と言われてから初めて考えてもいいのかも。

 

日中ぼーっと。

 

何かストレス解消して眠れば良かったですが、
そのままなし崩し的に眠ったので、気持ちがモヤモヤしていました。
目が覚めると、仕事のストレスが顔を出すのです。

 

スイッチを切り替えて趣味とかに力を注げばいいですが、
自分はそういうことは全く下手です。

 

洗濯物がたまっているのに、
今日は一日中、インタネット動画やテレビをボーっとしてみていました。

 

そういう日はたまにあってもいいかもしれません。

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加