今住んでいるところの賃貸マンションの両隣の人は、
私があいさつをしても、会釈ひとつしません。

 

「近所つきあいもない隣人などにはあいさつをするものではない」
そういうことなんだろうなあと思い、こちらからもあいさつしなくなりました。

 

でも、上の階の人たちは、ほとんど(二人しない)
自分からあいさつをしてくるんで、人を選んであいさつをするようにしています。

 

まあ、前の一軒家に住んでいた町内でも、あいさつをすると、
「あいさつをするとびっくりするだろう。」と怒るようなへそ曲がりもいるから、
おひとり様賃貸マンションだからというわけでもないでしょう。

 

 

さて、お隣さんですが、イラストのような隣の騒音に悩まされることはありません。
しかし、自分が騒音を出してないか?と、聞かれると、そこは自信がありません。

 

 

いびきが・・・?

 

もう、ここへ引っ越して、早3年目になります。

 

1年目の後半に、両隣りは引っ越していきました。
だから、今の両隣の人は、入居した当初とは違っています。

 

前の両隣りの人はなぜ引っ越してしまったのでしょうか?
上の階の人たちは、私が入居した当初から変わりません。

 

ガス会社の人に聞いたら、
ここの入居した人たちは、定着率が高いと。

 

 

鉄筋コンクリートだから、隣の音が聞こえないのだと私は思い込んでいました。
しかし、引っ越した人が、女友達?を連れていたとき、
会話が丸聞こえで、あぜんとしてしまいました。

 

知り合いの設計技師にたずねたら、
鉄筋コンクリートだとしても、それは全体の構造であって、
隣との壁が薄い場合もあるので、そういうこともあると言っていました。

 

そうなると、もしや、私のいびきが原因では?
と不安な気持ちになりました。

 

 

いびきが大きいらしい

 

おひとりさまなので、いびきをしているかどうか、
確認しづらいです。

 

だいぶん前ですが、
医療器屋さんに務めている頃、
上司と二人で出張に行くことがよくありました。

 

値段がが安いし、料理もおいしいので、国民宿舎の和室を一部屋借りました。
ふとんを並べて寝るのです。

 

前の上司ともそうしていました。

 

あくる朝、上司が赤い目をしていました。
「あんたのいびきがうるさくて、眠れんかった。」と。

 

その後は、ビジネスホテルで二部屋借りることにしました。

 

自分では、自分のいびきの大きさに気づきません。

 

 

鬼滅の刃の映画がヒットしているときに

 

あるとき、テレビで主題歌を歌っているLISAさんが、
喉を痛めるといけないので、口にテープ貼って寝ていると言っていました。

 

そうか、口を閉じていれば、
風邪にもひきにくいようなあ。

 

 

テープ、テープと探していたら、
引っ越しの時にポストをふさぐために買った「養生テープ」を思い出しました。
粘着力も、たいしてないわりに、すぐ外れたりもしません。

 

口にテープを貼って寝るようになって、1年半ぐらいです。
今使っている養生テープで、3本目になります。

 

 

風邪については、ずっとひいたことありません。
新型コロナと見た目変わらないので、
風邪をひくことも許されない業界です。

 

鼻だけでいびきをかくこともありますが、
口でいびきするよりはマシでしょう。

 

前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加