昨日の朝は、
痛めた筋肉が、さらに縮んでいるので、
縮んだ筋肉が伸びようとすると、ズキっと痛い。
立ち上がるのも無理なのではないか・・・。

 

 

ベッドから、立ち上がる時痛い

 

寝る前、41度のお風呂にゆっくり浸かって、
アイスノンで傷んだところを時間かけて冷やしました。

 

しかし、翌朝立ち上がろうとするのに、
痛くてたまらない。

 

なんとかテーブルに手をおいて
ゆっくり立ちがりました。

 

なんとか立ち上がった後は、
少し痛みがあるものの普通に歩けます。

 

立ち上がってしまうと、
あまり痛くなく、台所で朝飯を作りました。
もうめんどくさいので、カレーです。

 

しかし、その日は、夜勤。こんなんでもつだろうか。

 

左側は、おしりだけでなかった。

 

今回もおしりの筋肉を痛めたと思っていましたが、
左側の腰もいためたようです。

 

いわゆる腰という、
体の中心線からは、かなりはずれた場所で、左端から5センチぐらいの所。
そこが伸びるとき、痛い。

 

確か、シップがあったはず。

 

ロキソニン入りシップを一日中貼りましたが、
気休めのような感じです。

 

なんとか、体が夜勤でもった。

 

腰の左側なので、どんな動作をしても、ギクッと痛みます。

 

特に痛いのが、椅子に長らく座って、立ち上がったり、
利用者の人が落としたハンドタオルを拾い上げる動作が痛かったです。

 

本来ならば、
家で何もせず、家で寝ているのが一番いいです。
しかし、今月は2人も休職中なので、そうも言っておられないです。

 

なんとか、頑張って夜勤が終わりました。

 

治るのには時間が必要です。
昔は、鍼(はり)やマッサージに5千円払ってケアしてもらっていましたが、
今は、人の接触は利用者宅以外、全くない状態なので、
そういうケアもできません。

 

行動制限ないのに、保健所の対応がなにも変わらないのは、
すごく矛盾している世の中です。
テレビ見ていると、
「発熱があれば、すぐ発熱外来を」という行政のCMと、真逆の
いよいよ、日本感染症学会などから、
「軽症なら受診控えて」の緊急声明がありました。

 

いったい政府はどうするつもりなんでしょうか。
秋口に国会で・・・などと呑気なことを言っている場合ではないと
思います。

 

< 前の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加