なぜ ふと考えるか

 

2年前に、約30年住んだ中古の家を売り、今は賃貸の独身マンションに住んでいます。
独身専用のマンションがあるとはそれまで知らなんだ。(おかげで、とても静かです。)

 

老後のことを考えるとそれで良かったのか・・・時に考えたりします。
それは、年金が月11万円しかないからです。
その中から、家賃を払うと生活費がなくなります。

 

自分の家ならば、家賃を払わなければいいわけです。

 

前の家のおばさんが言うには

 

前の持ち家の前のおばさんが(70歳ぐらい)、
私が家を売って引っ越すことを伝えると、

 

「年金しか収入がない私たちにとって、家があること、それだけは安心。」
と私に進言めいことを言っていました。

 

当たり前に考えると、
そうです。

 

家が痛んだりすると、
自分で直さなければいけませんが、
お金がなければ、家の痛みを放置ても住めないわけでもありません。

 

確かにそうなんですが、

 

愛着がそもそもなかったのも理由ですが、
もう前の家には住みたくはないという気持ちが強かったからです。

 

仕事も住む家も変えたかったが・・・。

 

仕事も住む場所も変えて、
ゼロからスタートしたかった、そういう気持ちでした。

 

でも、仕事は結局まえの職場に舞い戻っています。

 

しかし、前に職場にいたときの気持ちとはかなり変化しています。

 

かなり、腹を立てたりが多くはありましたが、
なんとなく、苦役や奉公人のような気持ちで、ずるずる働くのとは気持ちが違います。

 

将来のことを考えながら、
老後は不安でいっぱいですが、
自分なりに前向きには暮らしています。

 

さて、いまから夜勤です。
今日もがんばるぞ!

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加