よく眠りました─。
夕べ フジテレビの『ネタパレ』をタイマーかけて寝たので(最後まで観ていない)
0時前には眠っていました。

 

いったん、7時40分頃目覚めましたが、しんどかったので、
また眠りました。

 

次目覚めたのが、12時30分。
12時間以上眠ったことになります。

 

ひさびさの休日です。
シフト表を見たら、9日ぶりの休日です。
何かやりたいことはあるか。
何もありません、ただ ぼやんと過ごしたい です。

 

 

人から頼まれてやっているだけなのに

 

ぼやんとした頭で、朝飯(昼飯か)を作ります。
食欲だけは落ちていないのが幸いです。

 

夕べ録画していた、
テレ朝『朝まで生テレビ』をご飯食べながら見ます。

 

世間様がどのように考えているのか、というか、
どういう勢力がなにを考えているのかを
知っておきたい
ただそれぐらいの意味で見ます。

 

なぜにいま旧・統一教会のことが
マスコミに大きくとりあげられるのか、
そこのところがイマイチわかりませんし、
それほど古くからある問題です。

 

なぜだか、職場のトラブルが思い出されました。
ヘルパーと利用者が人間関係でトラブルを発生することがよくあります。

 

なぜにトラブルが発生するのか、
それを現場で見にいくことがありました。

 

役員の頼みごとをヘルパーが利用者に伝えることがあります。
ヘルパーは、「役員の○○さんに頼まれて、言っています。」と
言えばいいのに、
それを自分から利用者に頼みごとのように言う人がいます。

 

利用者の怒りが、役員の○○さんに向かえばいいことなのに、
頼まれて代行して言っているだけのヘルパーに向かいます。
「いいえ、私は頼まれていっているだけなので、○○さんに言ってもらえますか?」
といえばいいけれど、それが言えないのです。
言えない人もいるのです。

 

ヘルパーも事務所の一員ではあるけれど、
だれからの依頼なのか、依頼の主体をあきらかに話す必要があります。
その逆もあります。

 

ヘルパーの○○さんが言うので

 

利用者には、ヘルパーの言動によって
行動や言動がコロコロ変わる人がたまにおられます。

 

例えば、健康のために夜の12時前に寝るとう言いながら、
朝の5時前まで起きていたりする。

 

一般論として、
利用者の生活であって、
その時々の心境の結果であって、
ころころ変わるのは当たり前です・・・という話ではないです。

 

個々のヘルパーが好き放題に言って、
利用者がその言動に左右されてしまうという問題です。

 

事務所には個別支援計画書というものがあり、
統一した方針のもと、ヘルパー業務をしないといけませんが、
そういうことを守らないヘルパーがいるとそうなります。

 

掃除の仕方、料理の仕方、ゴミの分別などでも、
それぞれ価値観がもともと違うので、それをまとめあげないので、
サービス提供責任者はたいへんです。

 

好き放題言っているヘルパーがだれなのか、
利用者に聞くけれど、それを利用者さんは言いません。
かばいだてしているわけではなくて、
そもそも、だれかに言われてそうしているということを言ってはならないという
自分の掟のようなものがあるような感じがします。

 

特定のヘルパーの日に行動が変わるので、
そのヘルパーに言われて行動が変わるのははっきりしていることなのですが、
そのヘルパーの名前は絶対に言われない。

 

人間関係のトラブルにもつながるので、
そういうことはないほうがいいと思いますが、
「だれしも、他の人の意見を取り入れて生活が変わっていくものなので
それも致しかたない・・・」と言われると、どうしようもない気持ちに
なります。

 

だったら、私も自分の価値観でヘルパー業務をすればいいんですか?
という気持ちに半ばなっています。

 

兄の言葉も

 

兄が父母の葬式を行うとき良く
「自分たちができることをすればいいから。」
などと私に口癖のように言っていました。

 

できないことはできない、できることをするだけ、
当たり前のことだけど、

 

理想に思っているようにはできない無力感を
なぐさめるように言っている言葉だと思います。

 

おそらく、あれも義姉が兄を慰めるというか、説得するために、
言っている言葉ではないかなあと思います。

 

それを言葉のオリジナリティーは兄か義姉かどうかを探ること自体に
なんの意味もないことです。

 

 

ばくぜんといろいろなことを
書いてみました。

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング