マイナンバーカードの第2弾の申請をしました。
前回5000円のマイナポイントの時は、ローソンのマルチコピー機で申し込みしました。
ローソンは近場にないので、今度はセブンイレブンのATMにしようかな。

 

 

パソコンやスマホで申し込めないの?

 

えっ 自分のスマホで申し込めばいいじゃん、なぜ?
スマホでも、申し込みができる機種とできない機種があるのです。
2年前に購入したスマホですが、自分のスマホでは申し込みのアプリをダウンロードして申し込みできません。

 

パソコンで申し込めるのになぜ?
しかし、パソコンにカードリーダーを設置しないことには、申し込みできません。
Amazonでカードリーダー見てみると、1,300円ぐらいのようです。

 

 

マイナポイントの7,500円(健康保険証としての利用)、
7,500円(公金受取口座の登録)の計 15,000円の小金稼ぎなので、
そこから、今後使いもしないカードリーダーを1,300円を支払うのもどうかと自分は思います。

 

コンビニや郵便局では、最終的な口座登録はできない。

 

 

セブンイレブンのATMで、申し込みがすいすいできました。
マイナンバーカードと、auPayのカードを持っていきました。
(銀行の通帳も持って行ったのだが、コンビニでは不要)

 

まちがえそうなのは、
決済サービスのIDとセキュリテイコードのところです。
一般的なカードのセキュリテイコードを打ち込みするのではなく、決済サービスの会社ごとに
どこの番号を打ちなさいというのが、国のホームページを見ると書いてあります。

 

できた!と喜んだのはつかのま、
申し込んだはずの、公金受取口座の登録が終わっていません。

 

ATMから出てきた紙にも書いてありましたが、

 

「公金受取口座の登録」によるポイントを受け取るには
別途マイナポータルで口座登録が必要です。

 

だそうな。
マイナポータルって何?
店員さんに聞いてもわかりません。

 

なんのことはない、後で調べたら、
マイナポータルってマイナポイントの申し込みを受け付けるホームページです。
自分のスマホやパソコンでは、やっぱりできません。

 

郵便局の場合

ホームページを見たら、手続きができない人には
手続きスポットが、いろいろとあるようです。
郵便局の場所も書いてありました。
電話して、「口座登録できますか?」
「できますよ~。」との回答。

 

郵便局には、マイナポイント申し込みの専用機が置いてありました。
こんどは大丈夫だ~とその時思いましたが、
いざ操作すると、マイナポイントのアプリをダウンロードしますか?
という画面が出てきます。
専用機なのに、ダウンロードしますかとはこれいかに?

 

説明書をよく見ると。
目立たぬように、口座の登録はできない旨が書いてあります。
結局 ローソンやセブンイレブンと同じように

 

 

公金受取口座の申し込みはできるが、
自分の口座の登録手続きはできない。

 

ということです。銀行の登録手続きが完了しなければ、マイナポイントはもらえません。
わかりにくい!おそらく全国的にここでつまづいている人は多いだろう。

 

ダメもとでauショップに

 

この頃のスマホショップは、どこも予約制です。
昔の携帯電話ショップと雰囲気は違いますね。

 

それに自分はPOVOなので、
もう店に相談や手続きに行ったらいけないことになっている。

 

市役所に行く方法が確実だけど、
時間取られるだろうなあ、機械だけauショップ借りれないだろうか?

 

事情を話して、auショップにいきなり行ってみました。
スマホ教室ということなら、受け付けると言ってもらえました。ありがたや。
スマホの使い方を店員さんに教わるというサービスです。

 

そうかあ。最近のスマホは
マイナンバーカードの読み取りもできるんか─。
教わりながら、銀行口座の登録手続きができました!
ありだとう、auショップさん。

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加