昨日、契約を更新するか、辞めるか、担当役員と話をしました。

 

 

よくよく考えると

 

結論は、話し合う前から、出ていました。
私は、夕べは夜勤でしたが、別段 利用者ともめているわけでもなく、
もめごとの対象は、事業所の一部のスタッフとだけです。

 

それと、今まで、職場でやっている外部団体の研修。
いままでは、あまり違和感を感じませんでしたが、昨日は大変不快でした。
研修団体とそもそも、介護の考え方が違う。
考えの違いは、私は許容していますが、どうも、意見の違いで私を敵とみなしているようで
自分は居りづらい。(これは被害妄想と思われているようですが。)

 

この前は現場の指導者とゴチャゴチャありました。
考えの違いで、相手を敵にみなしてはいけないという言葉と
裏腹で言行不一致です。

 

条件は3つ条件

 

役員から、改善案が出てくることもないだろうから、
自分から3つ条件を出しました。

 

ひとつは、事業所の準職員ではなく、自薦登録ヘルパーのように働かせてほしいこと。

 

ふたつは、自分とトラブルの種になる職員を事務所で指導すること。

 

みっつは、研修団体の現場指導は私にはしないこと。

 

あとの賃金面の昇給の話もだしたけど、
パートタイムは時給設定がもともと高いので無理とのことで、これは致し方ないです。

 

そもそも、介護の考えが大きく違う。

 

20過ぎから、介護をするようになり、
ホームヘルパーさんというよりは、パーソナルアシスタントのように働く考え方できているので、
(利用者を雇い主のように考える─お金の出所はそこだから)
施設で働いている職員に指導されると違和感が突然あります。
あるけれど、職務なんで、自分は許容して講習を聞いています。

 

うちの利用者の人で何人かは、施設の管理が嫌で施設を飛び出しています。
私は、施設におられるときから支援をしていました。

 

施設しかもう居り場がなくて施設に入った利用者とか、
家族介護が困難で、しぶしぶ施設に入った利用者を介護している人には、
利用者をお客様とか、雇い主にと考えるのは、わからなくて当然でしょう。

 

自分で講義をして人に感想を求めて、
あんたの言っていることはわからん って何?
考えの違いはさておいて、
人の話を聞かない、受講者の話をわかろうともしないで、講師の資格あるのでしょうか?

 

感情をコントロールするために知識技術をといいながら、
講師が一番感情的で、
けんかを売っているようにしか見えません。

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

どうか、ブログランキング応援をお願いします。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング