エンディングノートを作るのはいいが、
銀行の口座や、クレジットカードの多さに辟易する。
早く減らさないといけない。

 

 

第一段階は、公共料金引き去り口座の一本化

 

引っ越しの際に、使っていない銀行を廃止の手続きしたが、まだまだ多い。
公共料金等の引き去り口座は3つ。

 

労金さんと、地方銀行、そしてauじぶん銀行である。

 

auじぶん銀行はよけいだった。
「ポイントがついてお得」の言葉に釣られ手続きをお任せした。

 

ともかく、これを1個にまとめる。

 

労金さんは、住宅ローンを組む時、
ずっと低金利で銀行としてはお金貸したメリットも無いから、
公共料金の引き去り手数料をかせぐために、指定銀行にしてほしいと頼まれ、そうしていた。

 

もう住宅ローンも家を売るために返済したので、要はない。

 

それで、地方銀行に引き去り口座を移した。あとは廃止手続きをするのみ。

 

次に、auじぶん銀行。電気代とスマホ代が落ちている。
これが手続きが難航するのだろうなあと思ったが、ネットでシャンシャンとすぐできた。

 

ネット手続きの問題点

 

今は、auPAYカードというクレジットカードを使って、auじぶん銀行から、お金が落ちるしくみだ。
auじぶん銀行には地方銀行から定額入金のシステムになっている。
これも めんどくさいが、「ポイントがついてお得」の言葉で、au販売店のお勧めを丸のみしてしまったのだ。

 

支払い方法の変更で、簡単に手続きをしたが、
支払い変更の手続きを受け賜ったのメールが来るだけで、画面も変わらず、質問もできない。

 

auショップに相談予約の電話をしたが、
「povoのお客様は、auショップでは相談できないことになっております。」

 

えっ、スマホの契約の話じゃなくて、auグループのお金の支払いの話ですよ。

 

できないそうです。povoじゃなくて、同じauグループのUQモバイルにすれば良かったね。
結局、auに電話かけて相談するしかない。

 

昨日電話したけれど、明日じゃないとauの画面が変わらないそうなんで、今日電話した。

 

結論として、
9月10日までは、今までの支払い方法で、お金が落ちる。
9月27日からは地方銀行の口座からお金が落ちますとのことでした。

 

支払い方法の切り替え時期が、ホームページの文面を何度見てもよくわからない。
翌月から、切り替わるように書いてあるけれど、やっぱり9月10日は切り替わらないとのことだった。

 

今回のauの手続きでわかったこと

 

auに電話するとき、いつも頭が沸騰しそうになる。
心鎮めて、丁寧に丁寧に、自分に言い聞かせる。

 

①auショップ行けないなら、機種変更の時どうなるの?

 

→オンラインショップがあります。そのような解答。
まあ それかスマホだけ店で買って、あとの契約はネットでするしかない。

 

まあそれでもいいかもしれんけど、どっかのタイミングでpovoの契約辞めて、
格安スマホの契約をしよう。

 

しかし、あの菅総理の携帯電話通話料の適正化ってなんだったのだろう。
なんも変わらん。利便性が悪いサービスができただけ。

 

②自分のauPAYが、他者に不正利用されていて、利用停止になっていること。

 

えー! なんの連絡もありません。

 

メールとしては、「残金不足」のメールのみです。
おそろしや。

 

結局auPAYのカードが新しく郵送されてきて、再設定しないといけない。

 

③auのポイントはたまっているか。

 

まあ色々なサービスをauに一本化すれば、貯まるんでしょうか、
それも消費活動や、貯蓄活動に影響されるので、お金を使わない、貯めない人はポイント貯まらない。

 

3月から5月までは、3,600円だが、6月から8月までは500円だった。
原因は電話代がpovoに替えて安くなったことと、電気代が冬場はエアコン使用で高かったことが理由。(電気代は、2カ月遅れで請求される。)

 

まとめ

 

・公共料金等の支払い口座の1本化 かなりエネルギー使います。

 

・手続きのさなか、わかることも色々あります。

 

< 戻る     > 次へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加