実は、11月の上旬には再就職をすることに決まりました。
でも、ただ仕事に就くと、仕事人間なので、何も考えないとそれだけに埋没するでしょう。
後から振り返って、「何が残ったのか・・・。」と後悔する羽目になったらいけません。

 

 

前の職場にカムバック

ハローワークで検索すれば、飯が食べれる職種となると、ガードマンあるいは、特別養護老人ホームのしか出て来ず、どよーんとした気持ちになりました。(それも面接で落とされるかもしれません。)
体力が持つかというのもありますが、そこの職場のスタッフとうまくいけるかが一番気になります。
それほど、心が弱─くなっている証拠です。

 

なんで弱くなっているかと言えば、前の職場の昔のドタバタで、追いつめられたからです。
そういうことを訴えた所で、最近の世の中では理解してくれる人はほとんどいないです。
弱っていると言えば、さらに残酷に攻撃してくる人が多い嫌な世の中です。

 

自分もその職場の創業者の一人なんですが、うまくいかなくて、というか、自分の主体性など発揮できない所の位置に置かれてしまったので、ドタバタあって、若い人たちに任せ、新しい経営方針の下に出直す形になりました。

 

役員から、平社員になっても(そういうことで自分はプライドが傷つくことはない。)一生懸命働いたつもりですが、人生や生活への前向きな気持というものは、戻りはしませんでした。

 

そこで、一昨年勇気をふりしぼって、一から人生を出直す構えで前の職場を辞めたわけです。

 

前の職場には戻るつもりは毛頭ありませんでした。

 

しかし、前の職場の役員と話す機会があり話しているうちに、人手不足でたいへんな状況であるということが、ひしひしと伝わってきました。
横を向いてしらんぷりもしていいかもしれんですが、どうせ務めるなら、必要とされる職場がいいのかなと、思うようになりました。
新たな技術も覚えることも無く、職場のスタッフになじむ必要もありません。

 

今度はパートで働くこと

がっつり正職員で働きたいと言えば、そうなったかもしれません。
しかし、がっつり働くと、ブログアフィリエイトなどもうできません。
せっかく、1年半の自宅生活で、ブログアフィリエイトの概観はつかんだので、なんとか形にしたいです。

 

人生でまだまだやり残したこともたくさんあります。
いろいろとチャレンジしたいのです。

 

それに、介護は年老いていつまでもできる仕事ではありません。
老齢年金を補うだけの、収入の道をなんとか確保したいのです。

 

だから、収入はたくさんもらえるほどは働きません。
職場の責任と労働時間は、ほどほどにして、働いていけたらと思います。

 

仕事に出るようになっても、貧困な生活は変わりません。
節約して、ブログアフィリエイトに勉強するしていきます。

 

人とつながるのを恐れない

なんですぐ働かず、11月上旬なの?と思われますが、実は先だって、スナックに飲みに行ったもので、2週間は時間を置かないといけないので、2週間先にしました。

 

ブログで、9月末に「飲みに行く最後のチャンス」と書きました。
自分もそのつもりでしたが、よく行くスナックの接客のお姉さんが、(私より10ぐらい年下の)、スナックを辞めるという連絡が来たので、最後の感謝を伝えにもう一度行きました。
介護職は、感染症対策が厳しいので、もう本当の最後の酒飲みになるでしょう。(コロナ渦があけるまでです。あと1年ぐらいでしょうか?)

 

その砂スナックへ行った時、隣の席で飲んでいらしたあるお店屋さんの店主に自分のブログのこと話しました。
すると、「グーグルの検索順位だけに頼ったら、ダメ。Twitter、インスタグ、Facebook、line全部必死にやっているよ。」 と、1年間でやっと3千人のフォロワーになったと言われていました。

 

そうかあ、じゃない、薄々知っていました。
どうしたら、ブログ(ホームページ)が読まれるか、SNSもしないとなあと思っていましたが、SNSって超苦手。
人とつながることがそもそも苦手なのです。

 

テレビでのTwitterのイメージが悪すぎて、Twitter=炎上というのが頭にこびりついています。
昨年の9月に登録するものの、3ヶ月ぐらいは手をつけていませんでした。

 

ともかく、ツイートして慣れないといけんという段階どまりで、づるづると今日に至っています。どうしたらフォロワーが増えるか、今後必死に勉強しないといけません。
他のSNSも、全部はできないけれど、勉強してやりはじめようと思います。

 

また知恵熱が出そうです。

 

< 戻る

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加