再就職が始まった。心の持ちようを変えよう。

11月8日より、外に働きに出るようになりました。

 

 

 

なんとか固定収入が入るようにはなる。

 

これで収入が確保され安心というわけではありません。
ガッツリ働くわけではないですし、そのように働いても60歳頃の給料ももらえるわけでもないのです。
職場での責任の度合いも少ないし、労働時間数も少ないので、給料は辞めた時点の半分ぐらいでしょう。
だから、今後も老後の年金生活を見据えて、節約生活には励んでいかないといけません。

 

介護研修 初日からケガをする。

 

元経験者と言いながら、約2年間のブランクがあります。
だから、また介護の研修を受けないとなりません。
自分が元居た職場であろうともそれは変わりません。

 

年の大きく離れた若い職員に指導を受けねばなりません。
それは、どこの職場に行こうとも同じことです。
「昔はできたはずだ。」みたいなプライドは捨て去って、やらないと、身になる研修になりません。

 

今日はベッド上の体位変換などの研修でしたが、久々に頭の中がぐるぐる高速回転しました。
利用者の表情とかを見ながら、動作するのですが、注意点もたくさんあるので、神経を全集中しないといけません。

 

その上、自分の心理が噴出するのをコントロールして、動作をしないといけないので大変です。
介護に頭が全部いくので、介護する自分の体の置き場所(ポジション)が後回しになりました。
ベッドの上に自分の足を載せるか、ベッドの高さを介護しやすいように調節するとか、自分がどの場所で介護するかが、ケガをしないために大切です。

 

「痛!」1時間の研修もしないうちに、右のお尻の上が痛くなりました。やっちまったー。
大殿筋の上部で、いわゆる腰のちょっと下です。
慣れない体の動きをしたため、痛めたんだと思います。ポジションに気を使っていればそういうことにならなかったのかも。

 

幸い、右側だけで軽いケガだったので、少し痛みを感じるものの、仕事が全くできんというわけではありません。

 

「若い人に迷惑だということがわかりませんか?」

 

これは、ハローワークで職業紹介の職員に言われた言葉です。
初日からケガをしたので、「呪いの言葉」のように頭に浮かんできました。

 

掃除のパートの仕事はあると職員に言われたので、自分の方からごみ収集の職員募集について尋ねたら、
「若い人とコンビを組んでする仕事ですよ。若い人に迷惑だとわかりませんか?」と言われました。
別段、今、若い人と動作が遅いわけでも、頭の回転が悪いわけでもありません。
しかし、職業紹介する人、私より年寄りじみた人でした。

 

若い人とのコンビというと、介護施設でも同じことです。
そんなこと言われたら、どこにも勤められません。

 

仮にそうであっても、採用するかどうかは、そこの事業所で決めることだし、集団で補ったりするから、
それを言ったらおしまいです。

 

前向きに考えるようにする。

どっちみち、仕事に慣れるまでは、頭も体もしんどくて仕方ありません。
しかし、自分がメシを食うためにしんどいけど仕方ないみたいな、後ろ向きな考えはしないことにします。
いつまでここのホームヘルパー事業所で、必要とされるかわかりません。

 

でも、一歩一歩良い仕事ができるようになって、利用者や事業所に貢献したいと思います。
心の持ちようで、せめて未来を明るくしていきたいです。

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

Comment Form is loading comments...
page top