Amazonから499円の請求って何?

 

実は毎月クレジットカードの支払いをきちんとチェックしたことがありません。
500円以下だったら、「なにか買ったかな。」と思うだけで追及してこなかったのです。

 

 

Amazonの請求で出て来ない499円の履歴

 

しかし、今回は全部チェックする必要が出て来ました。
ホームページを見栄えをよくするソフトを買ったり、ホームページに載せる写真やイラストを買ったりしたので、経費をきちんと管理しないとならないからです。

 

Amazonへの支払いで、一つだけ購入履歴に出て来ない金額がありました。
2月24日 499円とあります。
うーん、なんだっけかなあ。

 

Amazonのヘルプでひとつひとつ、間違いの理由をチェックするものの、どれも該当しない。
お客さんの間違いではなく、Amazon側の間違いではないかなと思い始めました。
それで、問い合わせの電話番号を探すものの、どこにも無い!

 

 

なかなかたどりつけない「問い合わせ」

 

「問い合わせ」の電話番号がどこにも書いてありません。別段、Amazonに限った事ではないです。
最近のホームページには、問い合わせの電話番号やメールアドレスがどこにも載ってないことあります。

 

昨年の春に、ある会社に問い合わせの電話を何度もするのにつながらない。
せめて、メールアドレスが載っていたら、そこで問い合わせをするものの、それさえ載っていない。
問い合わせをさせないための、「陰謀」じゃないかと、勘ぐってしまうのです。

 

Amazonのサイトを1時間ぐらい探して、やっと問い合わせのチャットがあるのを見つけました。

 

問い合わせ」ではなく、「カスタマーサービス」と言うんだね。

 

自分の場合、「ヘルプ」→問題が解決しない場合には→「カスタマーサービス」に進んだが、そもそも黒い帯のサービス欄に「カスタマーサービス」と表示してありました。

 

そのカスタマーサービスにたどりついたのはいいけれど、チャットの表示がこれまた、わかりにくいです。赤丸のところです。

 

 

問い合わせさせたくないのかなあ。
返品とかはしてほしくはないのはわかるけれど、あてずっぽうでもできるような場所に設定すべきだと思います。

 

 

チャットで原因はすぐ判明 動画配信のチャンネル

 

チャットの画面

 

チャットでロボットが出てきました。
困っていることを書きこむが、「担当者につないだ方がいいですか」 みたいな画面が出ました。
ロボットで対応できるのかな。

 

原因は、動画配信のチャンネル 「JUNK FILM by TOEI」の利用料。

 

Amazonプライムビデオのオプションのようなもので、東映の古い映画がすぐ観れます。
※Amazonプライム会員の年会費4900円は、別の特典(例えば配送料が無料になるとか)があり、私は辞めるつもりはありません。Amazonプライムビデオで全部無料で観れないので、東映のチャンネル料を払っているのです。

 

「どこを見たら、利用料の履歴が出てきますか。」

 

商品の購入履歴の検索のところに JUNK FILM by TOEI を書き込むとでてくるそうな。
本当かな。

 

検索したら本当に表示されました。

 

 

ええっ、毎月落ちているんじゃないの。
たどってみると、約2年前から加入してお金が落ちていることが判明。
はああああ 力抜けそうです。

 

確か古い東映の映画が見たくて、加入しました。
2週間無料体験だったから、後ですぐ辞めればいいと考えたか、499円だったら、何か月か支払っていつか辞めればいいかと考えたんだと思います。

 

東映の映画観たのは、おそらくその月ぐらいで、もったいないです。
まだ、加入していて、月額料が支払われていたという記憶が知らぬうちに無くなっています。

 

どうやってチャンネルを解約するか。

 

これまた、加入するのはボタン一つで簡単に手続きできるのに、どうやって解約するかわからない。
Amazonの動画配信サービスに限った事ではないです。

 

今、別の会社の動画配信サービスの無料体験中だから、これも早くケリをつけないといけません。

 

Amazonではないサイトに、チャンネルの辞め方に詳しいものがあります。
要は、だれもAmazonのホームページの作り方がよくわからないのですね。
もっとわかりやすいホームページを作れば、私みたいに問い合わせする人間も減ると思います。

 

 

右側の歯車の所をクリックすると、設定メニューが出て来ます。

 

 

その画面の真ん中のprimeビデオのチャンネルの管理のリンクをクリックすると、契約している「JUNK FILM by TOEI」が出て来ます。

 

それで、契約を終了するのです。

 

まとめ

 

1.自分の落ち度ですが、動画配信サービズのオプションに加入したことさえ覚えていないような行動には気をつけます。
月額料が加算されるものについては今後加入せず、その時だけ課金されるサービスを購入するようにします。

 

2.Amazonさんの動画チャンネルの課金の履歴がわかりにくいし、解約する方法もわかりにくいです。
Amazonさんには、改善をお願いしたいです。行きはよいよい帰りは恐い。

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
Comment Form is loading comments...
page top