『あちこちオードリー』 どんよりポエム発表会第2回

 

漫才コンビ オードリーの司会のトーク番組、
『あちこちオードリー』を毎週観ています。

 

芸人さんの赤裸々トークが聞けて面白いです。
下積みから、どうやって這い上がって来たかとか、
現在の芸能界の自分の立ち位置をどう考えているのかが、
とりわけ興味深いです。

 

今週の水曜日のどんよりポエム発表会には感銘を受けました。
ロンブーの亮さんの悩みに対するアンミカさんの答えが
いちいちすばらしくてびっくりしました。

 

↓ 自分のTwitterの埋め込みです。
画面の所をクリックすると、該当の番組が見えます。

 


 

生きている間は中途半端

 

自分の中にも、自分を責めている自分がいます。
自分で自分を頑なにしています。

 

アンミカさんの名言

 

「人生どうせ死ぬのが終着点やったら、生きている間は全部中途半端なんやから」

 

「生きている間が全員未完成やねん。
そう思たら、恥かいて前出た方が出んへんかって後悔増やすよりも、
どんと出て笑われても、『亮ここに在り』を作っていった方がえんちゃう。」

 

「過程で完璧を求めるのはもったいない。」

 

「自分が負け知らずと思った時点で、人生終わりなんですよ。ごうまんになってから」

 

「常にちょっとずつ負けるが大事、
ちっちゃい敗するがあるから生きる希望になっていく。」

 

いやあ勉強になりました。
ちょっとずつ負けるのが大事なんですね。
ちっちゃなことで、怒っていた自分も改めていきます。

 

アンミカさん、こんな名言ばかり言うので、
何か本を書いていないかなあと、ネットで本を探してみました。
ありました。また注文して読んでみます。

 

 

< 前の記事へ     > 次の記事へ

 

よろしかったら、ブログランキング応援に御協力ください。↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




ライフスタイルランキング

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加